第7回 我慢の限界猫



猫にとって死ぬほど恐ろしい日々が続いています

それはそうでしょう ずっと何年も外で自由に暮らしていたのだから

いきなり捕まって 何やら手術されて 檻に閉じ込められている

これから自由にしてあげるんだよと思っていても 猫には分かるはずもない






a0353715_21575030.jpg


猫はケージの中で叫び荒れ狂っていました








a0353715_21575049.jpg



そして切なそうにわたしを見つめてくる

もうゆっくり養生するどころか

ストレスでどうにかなってしまうのではないかと心配になってきました








a0353715_21575013.jpg


猫の望みはただひとつ

「自由にしてくれ」

そう言っているのが痛いほど伝わってきます




1週間が経ち

もう限界かと感じました






a0353715_21575172.jpg


自作の首輪に 「キョセイズミ」の文字

この頃 耳カットだけでは

また誰かに保護されてしまうことが心配だったものですから

そして連絡先の電話番号も入れておきました


この猫は飼えないけれど自分が面倒をみる


その意思表示のつもりでした









a0353715_21575115.jpg

a0353715_21575135.jpg



いよいよリターンの時がやってまいりました

長かった捕らわれの生活も終わりです

リターン場所はもちろん保護した場所

あの小さな公園です




そしてこの頃には この猫に名前がついていました

特に特徴もない猫でしたが

尻尾にシマ柄がついていたので しっぽの ぽー


「ぽー」


と名付けたのでした














[PR]
Commented by まな at 2016-06-04 23:30 x
我が家の庭に、ポーみたいな2才位の男の子が現れたのが2011年の秋でした。
去勢して血液検査してエイズでした。
三段ケージを買って我が家で暮らして欲しいと思いましたが、泣き叫ぶ声に負けて外に出してしまいました。この瞬間を我慢出来れば家猫に出来たんですね。。我が家の庭に来た男の子の猫は5年後の今も生きていますが、日に5回来ていたのが月に5回になりました。我が家は狭く家猫が2匹いるので大きい家を買って庭に来るサバ柄の猫が、おじいさんになったら一緒に住みたい夢を持っています。お金と勇気が必要です。ポーに勇気をもらいました。
by otacats2 | 2016-06-02 22:36 | 外猫時代 | Comments(1)